ドラマ

半沢直樹2 情報漏えいしたのは永田か女将どっち?5話ネタバレあらすじ!

半沢直樹2 情報漏えいしたのは永田か女将どっち?5話ネタバレあらすじ!
Pocket

半沢直樹2 情報漏えいしたのは誰?永田か女将どっち?5話ネタバレあらすじ!について記事を書きたいと思います。

 

半沢直樹2 情報漏えいしたのは誰?永田か女将どっち?

追記中です。

 

曽根崎も怪しい?

追記中です。

 

半沢直樹2の5話ネタバレあらすじ

第5話のあらすじネタバレをご紹介します。

IT企業スパイラル社の買収をめぐる攻防で、電脳雑伎集団の不正を突き止めた半沢直樹(堺雅人)は、東京中央銀行を救った功績を認められて、みごと本店への復帰を果たす。

しかし、復帰してからひと息つく暇もなく、中野渡頭取(北大路欣也)から直々に、破綻寸前である帝国航空の再建という大任を仰せつかる。

帝国航空は日本の空輸の要であり、国を代表する大企業と言って差し支えないが、近年、経営状態は決して芳しくない状況。

大企業であるゆえに、労働組合やOBの力が異様に強く、大胆な改革も思い通りにはいかず、身動きが取れなくなっていることが原因だった。

そんな中、内閣改造のサプライズ人事として国土交通大臣に就任した新人議員の白井亜希子(江口のりこ)が、就任記者会見で、帝国航空の大胆な改革案を発表する。

まず、弁護士の乃原正太(筒井道隆)をリーダーに、政府直属の再建チーム「帝国航空再生タスクフォース」を立ち上げるとのことだが、それだけではなく、帝国航空に債権を保有している各銀行に、一律で7割の債権放棄を要求する計画だと言うのだ。

もしこの計画が実行されると、東京中央銀行は約500億円もの債権を、何の見返りもなく手放すことになってしまい、大損失となる。

半沢は、何としてでも帝国航空を自力で再建させるべく、帝国航空へといさんで乗り込むが、そこには半沢の手を焼く巨大な障壁が待ち構えていた…。

※追記中です。

 

半沢直樹2の5話の感想

 

まとめ

半沢直樹2 情報漏えいしたのは誰?永田か女将どっち?5話ネタバレあらすじ!について記事を書いてきました。

お読みいただきありがとうございます。

追記しますのでまた読みに来てください。