ドラマ

ギルティ守屋は味方か敵どっち?莢のことが好き?

ギルティ守屋は味方か敵どっち?莢のことが好き?
Pocket

ギルティ守屋は味方か敵どっち?莢のことが好き?について記事を書きたいと思います。

 

ギルティ守屋は味方か敵どっち?

守屋は、編集長が瑠衣に似ている女性を知っているという情報を知り編集長のもとへ。

そして、守屋からいつもとは違う呼び名で普通に「荻野」と爽は会社にいるときに呼ばれます。

爽は、すぐにその呼びかたは守屋の気分だったんだと気付きます。

しかし、守屋は編集長から聞いた、瑠衣の母親である明菜の情報を聞いたので早く伝えたくて仕方ありません。

それなのに爽は守屋の話に耳を傾けません。

瑠衣が植物人間になって2ヶ月ほど経ち、このまま何も無いほうがいいからこれ以上関わりたくないと思っていたからでした。

勘が良い守谷はすぐに秋山と進展があったんだと気付き深く尋ねると恥ずかしそうに爽が、秋山の気持ちを知れた…と。

それならお互いシングルなんだから付き合ったらというが、爽は自分が辛い思いをしているので同じことはできないと後ろ向き。

この会話のあと、守谷は状況を把握したから俺に任せて!といいどこかへ行ってしまいます。

 

守屋が一真を呼び出す?

守屋は爽と話をしたあと、バーに一真を呼び出します。

そして、爽に聞いてもらえなかった瑠衣の母親明菜の話をします。

明菜は、高級クラブで働いていたということを接待でよく利用していた編集長が知っていたこと…。

そして守屋は、編集長からその話を聞いてすぐにその高級クラブへ行きママに話を聞きに行きます。

ママは、瑠衣の写真を見て明菜にそっくりすぎて驚きを隠せず、色々と教えてくれました。

ママの話は、明菜は相変わらず男と遊んで過ごしているそう。

クラブの出勤日も休んだりすることが多く困っていたが、美貌が売りで顧客も多いためやめさせることは出来なかったといいました。

話を進めるうちに今度は、ママが守谷になぜ明菜のことを聞きたいのか確認し始めます。

守谷は今まで瑠衣がしてきたことなど、明菜の過去についても話ました。

そのことを聞いたママは、明菜は死んだと口にします。

話によると、妹ともめて入院したが逃げ出しそのまま亡くなった…これ以上は言えないとのことでした。

時系列的に守谷が話しをまとめると、明菜がクラブ勤めをしたり、辞めたりを繰り返す原因が瑠衣関係していることに気付きます。

話を聞いているうちに一真がなぜ守谷がそんな風にするのか気になり問いかけます。

惚れてるからと口にすると一真の表情がいっぺん。

そこですぐに冗談だと話を切り替える守谷。

この流れからすると味方ですよね!
ギルティ9話の長編予告で爽とカズくんの家か、爽の実家?にいるシーンに守屋くんいますよね、ねえ!あなたいい人でしょ!!ただ不器用でひとと比べて物事言ってしまうだけでしょ!!
キス迫ってる…チャラいとかクズとか言ってごめんね!!!←
徹平ちゃんとのシーンあると思わなかったから驚いた。

 

ギルティ守屋は莢のことが好き?

守屋は莢のことが好き?

守屋と莢は同期ですが、当時好意を抱いていたことは間違いありません。

何があったのでしょうか…。

新入社員時代、同期の爽に対して密かに好意を抱いていた守屋…一体なにが二人の関係を変えてしまったのかー

追記中です。

 

まとめ

ギルティ守屋は味方か敵どっち?莢のことが好き?について記事を書いてきました。

ギルティ最終回原作結末ネタバレは別の記事を読んでください^^