ドラマ

ペントハウス歌の吹き替えはオペラ歌手?ペロナが本当に歌ってるって本当?

ペントハウス歌の吹き替えはオペラ歌手?ペロナが本当に歌ってるって本当?
Pocket

ペントハウス歌の吹き替えはオペラ歌手?ペロナが本当に歌ってるって本当?について紹介したいと思います。

韓国で社会現象級の大ヒットとなったドラマ「ペントハウス」。

100階建ての超高層タワーマンションを舞台に、因縁を抱える親たちと、その子供たちのプライドがぶつかり合い、不動産や教育をめぐる争いが描かれています。

シーズン3まで放送されていますね^^

ペントハウスの歌は誰が歌っているのか、本人なのか気になりますよね!

吹き替えはオペラ歌手?ペロナが本当に歌ってるって本当?について調査していきたいと思います!

 

ペントハウス歌の吹き替えはオペラ歌手?

 

ペントハウス歌の吹き替えは誰?

「ペントハウス」ではメインキャストがソプラノ歌手ということもあり、数々の歌うシーンが出てきます。

チョン・ソジン、オ・ユニ、そのほか、ソジンの娘のウンビョル、ユニの娘のロナ、他にもリトルヘラクラブのソッキョン、ジュニなど。

歌の吹き替えは誰がしているのか気になります。

ドラマでは実際の音楽大学の学生たちが歌唱した音源が流れたとのことです。

 

ペントハウス韓国ドラマの歌の曲名一覧

ペントハウスに出てきた歌の曲名はなんというのでしょうか。

ペントハウスのサウンドトラック「THE CLASSIC ALBUM」が発売されています。

名門芸術高校での生徒たちの競争も描かれることから、クラシックの名曲も数多く登場しています。

曲名はこちらです。

  • 【La Capinera】ベネディクト
  • 「リナルド」 私を泣かせてくださいヘンデル
  • 【「レクイエム」 涙の日】モーツァルト
  • 【「魔笛」 復讐の炎は地獄のように我が心に燃え】 モーツァルト
  • 「ラ・トラヴィアータ」 ああ、そはかの人か】 ヴェルディ
  • 【「ミニョン」 私はティターニア】トマ
  • 【「ラクメ」 鐘の歌】ドリーブ
  • 【「ロミオとジュリエット」 私は夢に生きたい】グノー
  • 【春の声】ヨハン・シュトラウス2世
  • 【鱒】シューベルト
  • 【オー・ソレ・ミオ】ディ・カプア
  • 【禁じられた音楽】ガスタルドン
  • 【「セビリアの理髪師」 私は町の何でも屋】ロッシーニ
  • 【「セビリアの理髪師」 今の歌声は】ロッシーニ
  • 【「フィガロの結婚」 序曲】モーツァルト
  • 【皇帝円舞曲】ヨハン・シュトラウス2世
  • 【交響曲第9番「合唱付」 第2楽章】ベートーヴェン
  • 【「超絶技巧練習曲」 マゼッパ】リスト
  • 【「練習曲」 作品25-11 木枯らし】 ショパン
  • 【「夜想曲」 Op.9-2】 ショパン
  • 【「白鳥の湖」 情景】チャイコフスキー
  • 【「弦楽セレナーデ」 第2楽章 ワルツ】チャイコフスキー
  • 「四季」 冬 第1楽章 ヴィヴァルディ
  • 「四季」 夏 第2楽章ヴィヴァルディ
  • 【スケーターズ・ワルツ】ワルトトイフェル

知っているという曲があるのではないでしょうか。

 

ペ・ロナは本当に歌ってるって本当?

 

ペ・ロナが歌ってる曲名は?

ぺ・ロナが歌っている曲名はなんというのでしょうか。

シーズン1の中でぺ・ロナの歌うシーン曲名を紹介します。

ソプラノ歌手のソジンに教えてもらいたいロナが自分をアピールするために歌います。

その時に歌った曲はオペラ『「魔笛」の中の夜の女王のアリア』です。

ジェニがレッスンを受けているときにこっそり練習していた曲は『La Capinera』です。

チョンア芸術高校に入学するための試験にそなえ練習していた曲は『鱒』です。

チョンア芸術高校に入学し、ソプラノと認められるために歌った曲は『「ミニョン」の 私はティターニア』です。

家で母ユニと歌の練習をします。その時に歌っていたのは『「リナルド」の 私を泣かせてください』です。

 

ペ・ロナが歌ってる歌詞を紹介

ぺ・ロナが歌っている歌詞について紹介します。

まずは『「魔笛」の中の夜の女王のアリア』です。

この曲はあまりにも有名で知らない人がいないほどです。

ザラストロに復讐したい夜の女王が自分の娘パミーナを突きつける場面です。

「地獄の復讐心が私の心に沸騰する」、「ザラストロが死の苦しみを味わわなければ、あなたはもう私の娘ではない」など残酷だが強烈な歌詞が印象的です。

次に紹介するのは『鱒』です。

この歌はずる賢い漁師が罠を使って魚を釣り上げるさまをうたったものです。

しかし実際には、「男はこのようにして女をたぶらかすものだから、若いお嬢さんは気をつけなさい」という意味になっています。

3番目は『「ミニョン」の 私はティターニア』です。

オペラ登場人物の中でフィリンが歌う曲で、若々しくて可愛らしい感じがします。

『夜の女王のアリア』に劣らず、技巧が多く難易度の高い曲です。

「ティターニア」は妖精たちの女王を称する名前です。

シェイクスピアの演劇「真夏の夜の夢」に登場します。歌の中でティターニアは自分を自由で、美しく、楽しい存在だと描写し、金のホールとトロフィーを誇ります。

素晴らしいスキルを持っているにもかかわらず、毎回無視されたローナが、実際にはティターニアのように飛んでいることを示唆する選曲ではないでしょうか。

最後は『「リナルド」の 私を泣かせてください』です。

この曲は劇中で、エルサレムのイスラム側の魔法使いの囚われの身になった十字軍の将軍リナルドの許嫁、アルミレーナが敵軍の王アルガンテに求愛されますが、愛するリナルドへの貞節を守るため「苛酷な運命に涙を流しましょう」と歌ったものです。

 

まとめ

韓国ドラマ「ペントハウス」について、歌われている曲やぺ・ロナが歌っている曲の歌詞を紹介しました。

歌の吹き替えについては音楽大学の学生たちが歌唱したということまでしかわかっていません。

親どうしの争い、そして子供たちの教育の争いなどがどんどんエスカレートしていきます。

その中ででてくるクラッシックの名曲をシーンを意識して聞いてみるのも楽しいのではないでしょうか。